どっちを選ぶ?目立たない歯の治療~差し歯~

保険治療か自費治療か・・・?

歯の治療の後を目立たなくさせたい・・・たくさんの女性の悩みですよね。その中でもやはり関心が高いのが差し歯の治療。奥歯なら銀色の金属製、前歯には表面にプラスチック素材をもちいた金属がもちいられるのが一般の保険内治療です。表面に白いプラスチックをはっているとはいえ、長期の使用により、変色したり、内部の金属が劣化して黒くなったりというデメリットを解消した、セラミック素材の差し歯。一度は関心を持たれた方も多いのではないでしょうか。しかし、残念ながらこのセラミック差し歯は保険適用外。自費での治療となり、1本5万~10万程度と高額な治療費がかかってしまいます。

セラミックの差し歯は本当にいいの・・・?

前歯など、笑顔に自信を取り戻すためにも、きれいなセラミック差し歯をつかいたいと思われる方もいるでしょう。一般的に、セラミックの差し歯は保険治療のものにくらべて長持ちする、色が変わらない、虫歯になりにくい、歯茎が黒くならないなどメリットがうたわれていますが、本当のところ、どうなのでしょうか。色が変わらないということについてはほとんどの歯医者さんがその通りと認めるところですが、実は長持ち・虫歯になりにくいというのはたいして差がないという歯医者さんもたくさんいます。また、以前、保険治療をしていて、あとからセラミックの差し歯に変えたい・・・というような場合、すでに素材の金属による歯茎の黒ずみが見られるものは、セラミックにかえてもなくなるわけではありません。逆に、保険治療の場合でも、黒ずんだ歯茎をかくせるよう、少し深くかぶせてもらうといった対応もできるそうです。

自分にあった歯医者さんで良い治療をしよう!

保険治療でも、自費治療でも、それぞれにメリット・デメリットがあります。また、一度治療したからといって、トラブルなくずっと使い続けることができるという保証もありません。セラミック差し歯などの自費治療は、種類もたくさんあり、各医院で治療にかかる値段が違います。気になること、心配なことを気軽に相談ができて、自分に合った治療の選び方、治療からアフターケアまで、しっかり考えてくれる歯医者さんを見つけて納得できる治療を選びたいですね。

オールセラミッククラウンは歯科治療に用いられます。セラミックのみで歯に被せ物をする事で歯の機能を回復します。